犬本番猫支度

Simple and Clean

嫌いの表明

「好き」の反対は「嫌い」だし、その好きも嫌いも含まれる「関心がある」枠の反対側に「無関心」がある。それが「好きの反対は嫌いなのか無関心なのか問題」への私の回答だ。嫌いなことについては無関心になりがちだし、整理すると結局好きと無関心しか私の中にはないのかもしれないな、と思ってみたこともあったけど、やっぱり嫌いなものは嫌いなものとして私の心の中に存在している。

何かを嫌いになることは簡単だし頻繁だけど、誰かの好きと衝突してしまうかもしれないから、それを嫌いだと公言することは難しい。だれら何かを嫌いと伝えるときには、なるべく具体的な何かに刺さってしまわないぼやけた表現を選んでしまうんだけど、オブラートに包み過ぎると誤解を生みやすくなるし、本当に言いたかったことも見えなくなってくるのだった。誰かを傷付けて嫌われてしまう可能性に怯えてしまい、わざわざ嫌いって伝える勇気もなくなって、嫌いな気持ちは心の中にしまわれたきり、だんだん無関心になっていく。

どうしても嫌いと言いたいとき私は「好きじゃない」という姑息な表現によく逃げてしまう。「無関心」じゃないし「好き」じゃないってことでつまり「嫌い」なんだけど(実際には関心がある枠の中には「好きでも嫌いでもなくて、ただ興味がある」ものも含まれてるけど、それについて「好きじゃない」って表現はしないのでやっぱり嫌いだけが残る)、嫌いってストレートに表現してしまうよりも表現に逃げ道があるから角が立たない。好きになりそうだと思ったのにな、というニュアンスを交えつつ伝えると、なお無難。

この「好きじゃない」は便利な表現なのでよく使ってるけど、でもやっぱり「好きじゃない」と「嫌い」は違うなと私は最近思うのだった。言い換えることでどうしても意味は変わってくるし、遠回しな表現を使い続けることで、そのオブラートに意味が付着してしまうことだってある。「好きじゃない」って言葉にもいつしか嫌悪感が生まれてしまうだろうし、それでもっと分厚いオブラートを探していくうちに、本来の自分の気持ちから言葉が離れてしまう。

嫌いな気持ちは嫌いな気持ちのままで伝えるべきだなと改めて思う。ただ嫌いな気持ちは共感を呼びがちだし、エンタメになりがちだ。嫌いな気持ちが集団の中で共感されてしまうと凶器になるし、その大きさによって誰かを傷付けてしまうことだってある。それ嫌いって言っていいんだ、みたいな雰囲気ができたときに嫌いな言葉が溢れ出してくる、あの感覚は本当に怖いから、嫌いだと伝えることには慎重にならなきゃいけない。苦々しい気持ちを抱きながら、嫌いだと言うべきだと思うし、他にも同じ意見の人いるかな? と周りを伺ってしまう程度の嫌いなら、忘れたほうがいい。だから、ニュースに苦言を呈すとか怖いし嫌いだわ。これは自戒も込めて。