犬本番猫支度

Simple and Clean

自然な感情

朝空に浮かぶうろこ雲が少しずつ形を変えていく景色だったり、兎がわかるくらいに精密な満月が大きく輝いている夜空だったりを眺めていると、ありがたいなと心から思う。美しい景色を写真に収めるようなことができない私は、その景色を眺めながらただ、ただありがたいなと思うばかりだった。誰かが作った景色なんだったらその人に感謝したいけど、この空の景色は誰のおかげでもなかった。こんな美しいものが私の周りの人達へ平等に与えられていることも素晴らしいことだなと私は感じていた。

誰かに感謝の気持ちを伝えることは、その誰かに「これからもそれを続けてください」って伝えてしまう意味も含んでいると思うから、あまり闇雲にありがとうとは言えないなと最近の私は考えるようになっていた。感謝を伝えることは好意を伝えることに近いのかもしれなくて、そんな気持ちの集合がその人の未来の行動を左右してしまうかもしれないから、もしかすると感謝の気持ちは押し付けがましいことなのかもしれなかった。なんて思うのは自意識が強すぎるせいで、ありがとうと言われた相手は感動した私の気持ちだけを受け取っているのかもしれないけどね。そうだといいけど。

自然の美しさには、私が感動した気持ちをそのままぶつけることができるから安心する。自然と私との関係は、私からの一方的な憧れであって、だからこそ私は素直に感情を吐き出すことができる。突然雨が降ったときに苛立つことだって気兼ねなくできる。雪が降ったときに、喜んで美しい景色を楽しんでも、寒くてかなわんと家にこもって憂鬱になるのも自由だ。自然の雄大さと自分を比べて、コンプレックスを爆発させたっていい。私がどんな感情を抱いたところで自然は何も変わらないから、私たちの自然への感情は遠慮がない。自然は誰に対しても平等だから「話題がないときには天気の話をしましょう」ってノウハウが成立するんだよね。偉大だよ。

どういたしまして、とは絶対に返事してくれない相手に対する私の感謝には打算的な要素がない。この感謝の気持ちを誰かと共有したいと思うこともなくて、ただ空を見上げていたこの数分間は、私が人格を持った人間なんだってことが実感できた。自分から沸いて出た感情に、何の利益も見栄も下心もないことがわかったときの驚き。感情の原点を捕まえたような感覚がそこにはあって、私の中に私が説明できない部分があったことにホッとする。