犬本番猫支度

Simple and Clean

文章の焦点

なんか嘘ばっかり書いてしまっているような気がしてならないな。

事実じゃないことを書いてしまうとブログを書く意味がないと思ってるから、そういった意味での嘘や大袈裟は書いてない。だけど、自分の考えていたことを上手く言葉にできていない、私の気持ちを正しく読み取れる文章になってない気がしてしまっていて、そんな文章に対しての違和感が、私の文章を嘘っぽく思わせている。文章を書くのが下手だから、ってことでこの話を棚に上げてしまえたら楽だ。でもどんな言葉を当てはめても正しく伝わらない気持ちはあるし、きっと文章が上手くなっても同じことに悩み続けてしまう気がする。

自分の気持ちを正確に表現することと、相手が正しく解釈できる表現をすることは、全く違うことなんだろうな。こう文章にしてみると当たり前のことのように思えるけど、私は自分の考えを表す言葉を適切に選べたら、相手が私の考えを正しく理解してくれると思ってしまっていた。普段働いてるときに、相手に正しく理解してもらえる言葉を選んで文書を作ってるからだと思う。自分の考えよりも相手が理解できる言葉を選ぶ。そもそも働いていて自分の考えが必要とされるときってそんなにないしね。だからこうしてブログで自分の気持ちを優先して言葉にしたときに、普段の文章には感じない違和感を持ってしまったんだ。

文章には焦点がある。その焦点は自分と相手のどちらかにしか合わせられない。それぞれの位置で文章の見えかたが違ってしまうから、相手に届く言葉が嘘っぽく思えてしまうのは仕方がないことなんだろう。それなら、私はどの位置に立って文章を書いたらいいんだろう。相手にどう受け取られるかはわからないけど自分の気持ちを正確に表現しようとするのか、自分の気持ちをシンプルに表現することで相手が受け取りやすい内容にするのか。私はどちらかを選ばなきゃいけない。

そりゃ自分が書きたくて書いてるんだから、自分の気持ちを表現することが一番だよね。まずそう思うけど、私はたくさんの人に文章を読んで欲しいとも思ってるから、相手のことを考えずに文章を書くことはできなかった。

自分の心の中を焦点にしつつ、あらゆる言葉を組み合わせて投射することで、相手の心の中にどんな像を結んでもらえるか、これが理想かな。像を感じてもらうためには文章から放たれる光に強弱や色彩が必要だ。それは私にとって当たり前のことを繊細にわかりやすく文章にするってことなんだろう。

そんな文章が書けたら、きっと美しい文章って言ってもらえるんだろうなあ。月のように。