読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬本番猫支度

Simple and Clean

後悔しない生き方って生き方

後悔しない生き方に私が憧れるのは、私が何も後悔していないときだけだった。私が何かに後悔しているとき、「後悔しない生き方ができたらいいのにな」と願ったことは一度もなかった。後悔するのは自分が選んだ行動が間違っていたってわかったからで、後悔しない生き方とは自分の行動が間違ってたってこともわからない生き方のことだ。そんなのは絶対に嫌だし、そもそも私は前だけを向いて生きるってことができないだろう。

「後悔しない生き方」って言われる生き方には二通りあると思う。まず一つは、過去を振り返らない、後悔する瞬間を作らない生き方で、これは私ができないと思っている生き方のほう。私がもし過去を振り返らなかったらきっと同じ失敗を繰り返すだろうし、私は後から反省することを保険にしないと判断ができない人間だから、過去を振り返ることを禁止されてしまうともう何も判断できなくなってしまうと思う。

もう一つの生き方は、過去を振り返って、でも後悔をしないことを選ぶ生き方だ。一度は後悔するんだけど、その後悔をちゃんと処理できて後に引きずらない生き方。後悔に支配されない生き方。こんな生き方のことを、大きな意味で「後悔しない生き方」と言っている人もいて、そんな生き方なら私もやってみたいなと思うことがある。

「夫のちんぽが入らない」の作者であるこだまさんのことを素敵だなと思ったのは、後悔しないことを選ぶ生き方をされているからだった。たくさんの問題に対して後悔し続けることより、それを認めて、受け止めたり諦めることを選んだ生き方がこの「夫のちんぽが入らない」には描かれていた。私はそんなこだまさんの生き方に憧れた。

鍛えてもらえたな、とこの本を読み終わったとき、確かに感じた。小さな後悔に自分の感情を支配されてしまいそうになる私や、どんな問題も価値や責任があると思って受け止めてしまいそうになる私を、こだまさんの歩みは静かに諭してくれた。自分が判断したり、判断しなかったことによる結果は、価値がないようにみえることでも、目を背けたくなることでも、まずは認めないと始まらないんだって教えてもらうこともできた。後悔するにしても諦めるにしても、まずは認めないと何も始まらない。認めるのは自分だけでいい。認めてやっと、先に進める。どれもとても大事なことだと思った。

そして何よりも、自分の半生をこうして形にした人がいることに、私は勇気づけられたんだ。自分の過去を正当化せず、教訓めいた話にすることもなく、ただ事実と感情を書き残していくことはすごく難しいことだと私は思う。これは後悔をし続けないことを決めた人にしか書くことができない文章だと思った。尊さと切実さ。私もそんな文章を書ける黄金の魂を持つことができたらな、と思うよ。