読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬本番猫支度

Simple and Clean

未来を選べ

何かを終わらせることを決断するのは難しい。何かを始める手間と、何かを終わらせる手間を比べると、始める手間の方が絶対に大変だ。積み上げるのには時間がかかるけど崩すのは一瞬で、終わらせる決断をすることで失ってしまった気持ちはもう取り返せない。だから何かを終わらせる決断を下すのは難しい。

それでも私は終わらせることを決断してしまうことが多くて、それはこのまま何かを続けても面白くならないなと思ってしまうと、もう興味を持ち続けられなくなるからだった。飽きっぽい性格ってわけじゃないと思うんだけど……きっと色々なものを好きになる好奇心を持ってるってことは、好きなものへの興味を簡単に失う薄情さを持ってるってことでもあるんだろうな。

私の感情を更新し続けないといけない、プロサッカーのリーグみたいに自分の中の一部を強制的に入れ替えないといけない、私の中にはそんな衝動がずっとあって、それが私の中で長く続いていた気持ちを終わらせることがある。こんなの衝動は大なり小なり誰もが持ってるんじゃないかって思うけど、その衝動に従っている人はあまり見かけることがない。きっと世の中の多くの人はそんな衝動に打ち勝ってコツコツと何かを積み上げ続けているんだろうな。衝動的に取り返しのつかない決断をしてしまう私は、感情が大人になりきれていないだけなのかもしれない。

自分の決断が正しかったかどうかなんてわからない。何か決断をした後、頭の中に後悔がよぎらなかったことはなくて、それは私が選ばなかった選択肢が導いた未来を想像してしまうからだった。過去にこだわっても今を変えることはできないから、後悔するなんて無駄だよなって思うけど、未来のことだけを考えて生きていくのは難しい。

過去の反省は、未来に生かすためにやるもんだ。何かを長く続けて、積み上げることができるってことは、一度下した続けていく判断を信じて貫き続けてられているからだ。私は過去の決断を信じ続けることができなくて、過去と未来を繋き続けていくことができない。過去を反省しなかったら、過去を裏切るって判断をすることもなかったかもしれないのにね。

でも何かを終わらせようって決断したときも、それを始めた過去の決断が間違ってたって思ったからじゃないんだよね。過去の決断は正しかったと思わないと前を向いて生きていけない。でもその過去の決断が現在の自分にとっても同じように価値があるとは思えないから、今の私は今の価値観で決断していく。その繰り返しでやっていくしかない。

自分の手元にある選択肢によって自分の運命が変わるなんて勘違いだ。どんな決断をしても最低の未来しか待っていないかもしれないし、自分の決断とは無関係に素晴らしい未来が待っているかもしれない。私の決断によって夢見る未来への道が開くなんて幻想だってわかってる。それでも私は色々なことを決断し続けていくことに頭を悩ませていて、それはきっと決断をするときが一番、私が私として生きていることを感じられるからだ。掴んだ未来が最低でも、それが私の決断なら、それが私の未来だ。